仕事内容よりも福利厚生重視!?

安心して子育てをしたい人は家族手当や育児休暇に注目をしよう

工場の求人に応募をする時に重視する点は、人それぞれの年齢や価値観、ライフスタイルに大きく影響されます。たとえば、工場に就職をしてから安心して子育てをしたい場合には、毎月家族手当が支給されるところや、子どもの人数に応じて手当の加算があるところを就職先に選ぶのがおすすめです。大手メーカーが経営する工場の中には、性別に関わらず一年を通じて育児休暇を都合が良いタイミングで取得できる環境を整えているところも多くあります。そこで、育児休暇の消化率や申請方法を含めて、求職中にじっくりと興味のある工場の求職者向けのホームページや資料を参考にしながら、育児休暇に関する具体的な取り組みについて把握しておくことが大切です。

生活費を少しでも抑えたい人は社員寮完備の工場に注目しよう

工場に就職をする際に社員寮の利用を希望する人は、就職活動中に各地の工場の社員寮の有無や利用条件、入居費用など大事な点を把握しておくことが重要です。従業員数が多い工場の中には、福利厚生の一環として全ての希望者の入寮が可能になるよう、勤務地の周辺に寮にふさわしい物件を確保したり、不動産会社や管理会社と提携をしたりしているところも珍しくありません。また、寮内の防犯面やインターネット環境の設備を行って、年齢や性別に関係なく多くの従業員を迎え入れようとする工場も増えています。そうした中、理想的な形で社員寮を利用したい人は、長く寮生活を送っている友人や先輩に相談をしたり、就職説明会などの機会に工場の担当者に質問をしたりするのがおすすめです。